音大志望におすすめする武蔵野音楽大学の大学受験講習会

武蔵野音楽大学では、毎年夏期と冬期に大学受験講習会を開催しています。どういった内容となっているのでしょうか。概要をご紹介します。

・夏期大学受験講習会
夏期講習は、音楽大学志望者に対して、正しい学習法の指導や助言をすることで、受験に備えることを目的として開催されます。受験に合格するために勉強をしていても、学習法が誤っていては、せっかくの勉強時間を無駄にしかねません。そのために、正しい学習法を提示するのが、夏期講習の目的です。

武蔵野音楽大学における夏期講習で行われるのは、楽器の実技レッスンやピアノのレッスン、楽典・ソルフェージュ(楽譜を読むための基礎訓練)です。実技では、器楽・声楽・作曲・音楽学・音楽環境運営の5つがあります。器楽では、ピアノやオルガン、フルート、打楽器、ヴァイオリンといった楽器の中から選択が可能です。レッスンでは、1〜2名の受講生が一つの部屋に入室し、講師がそれぞれに指導をしてくれます。

副科のピアノは、実技の時間を2回だけ、希望によりピアノレッスンに切り替えられます。申し込み時に希望の有無を選択しましょう。

・冬期大学講習会
冬期講習も夏期と同じく、正しい学習法を教えるために実施されます。受講内容も基本的には同じで、実技レッスン、副科ピアノ、楽典・ソルフェージュの勉強です。

冬期の場合は試験直前となるため、夏期に比べてより試験にふさわしい内容となっています。夏期に学んだことを活かしながら、さらに知識や技術を深め、確実に受験合格を目指したいという方はぜひ参加しましょう。

受験生でなくても冬期講習を受けることはできます。翌年の大学受験を目指している方の中で、早めに勉強したいという方は、この講習に参加してみることをおすすめします。

・音楽大学志望者は必講
夏期講習も冬期講習も、受験合格におけるメソッドを教えてもらえる絶好の機会であることは間違いありません。独学では学べないようなポイントをしっかりと指導してもらえますし、音楽大学ならではの実技試験もあるため、技術指導をしてもらえるのは大きなメリットです。とくに、実技に自信の無い方は、夏期・冬期講習での技術指導が大きく受験にも影響してくるので、ぜひ参加しましょう。

また、武蔵野音楽大学の公式ページには過去問題集が掲載されています。これまでの出題傾向がわかるので、志望者の方は講習と合わせて活用してみましょう。

音楽大学である武蔵野音楽大学は、他の大学とは違った勉強方法があります。それを知る意味で、夏期講習や冬期講習は大きな意味を持ったものになるはずです。過去問題集と合わせながら取り組み、受験合格を目指しましょう。

武蔵野音楽大学
http://www.musashino-music.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一般的に、集団の中の個人は複数の役割を持っており、それぞれの役割に期待される事柄は異なります。例えば…
  2. 1.地球温暖化による影響2.地球温暖化の原因1.地球温暖化とは?地球温暖化とは、地球の温度が上昇する…
  3. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
ページ上部へ戻る