優秀な社長秘書の森田繁吉

森田繁吉は某大手企業の社長秘書をしている人物で、数か国語を操るマルチリンガルとして高い評価を得ています。もともと彼はその企業の一社員として働いていたのですが、その優秀な働きぶりを見た社長が自らの秘書として抜擢することにしたのです。社長からの絶大な信頼を得た今、彼の発言力も日に日に強くなっています。

■文武両道の学生時代

森田繁吉は学生時代から文武両道を地で行く人物として知られていました。中間試験や期末テストでは毎回良い成績を修めていましたし、スポーツをやらせるとオトナ顔負けのパフォーマンスを見せたものです。
文武両道の人間と聞くとややとっつきにくい人物なのではと考えてしまいますが、彼は人を惹きつける何かを持っていましたから、常に森田繁吉の周りには人だかりができていました。男子生徒からも女子生徒からも人気があり、まさに学校一の人気者だったのです。

■重要な席には必ず同席

社長が出かける時には秘書である森田繁吉も必ず同行します。それが企業のトップ同士の会談だったとしても彼は必ず同行しますし、社長はことあるごとに彼に意見を求めているのです。
森田繁吉は質問されたことには淀みなく答えを出しますし、常に的確な意見を口にするため社長から絶大な信頼を寄せられていましたが、他の役員の中にはそうした社長の姿勢をやや疑問視する声もあるようです。しかし、結果的に彼の発言や意見が見事に的中し会社の業績を上げることにも繋がりましたから社長からの信頼は益々深まるばかりでした。

■いずれは起業も

森田繁吉は今でこそ会社社長の秘書という立場に甘んじていますが、いずれは起業したいと考えているようです。また、社長自身もそれを知っているようで、その時には精一杯支援すると言ってくれているようですね。
通常、有能な秘書が起業するとなると引き留めたくなるか妨害したくなるのが当然ですが、そうしないことからも社長の懐の深さが伺えます。また、そのような社長だからこそ彼も秘書として一生懸命社長のことを支えているのでしょう。

数か国語を操り様々な知識も持つ森田繁吉には、他の企業からもヘッドハンティングの話が舞い込んできているようです。優秀な秘書を欲しがっている人は大勢いますし、秘書の優秀さはイコール社長の優秀さに繋がりますから、彼を欲する人が多いのも頷けます。しかし、彼はどんなに好条件を提示されても首を縦に振ることもなく断り続けているようです。

有限会社ボーラカンパニー
http://bcew.jp/water/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一般的に、集団の中の個人は複数の役割を持っており、それぞれの役割に期待される事柄は異なります。例えば…
  2. 1.地球温暖化による影響2.地球温暖化の原因1.地球温暖化とは?地球温暖化とは、地球の温度が上昇する…
  3. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
ページ上部へ戻る