池田高雄のコンサルティング術

経営コンサルタントとして活動する池田高雄は、一人一人のクライアントに最適な提案を行うコンサルタントとして知られています。彼が経営するコンサルティング会社はあまり知られていませんし、恐らく名前を挙げても知っている方はいないでしょう。池田高雄は地域密着型の営業を何より重視している人物であり、その効果を自らのコンサルティングに役立てています。地域に密着することで営業範囲を狭めることができ、狭く深く掘り下げていくことができるのです。彼のこうした手法は実際にマーケティングの世界では知られていますし、彼はそれを自分で実践しているのです。また、池田高雄はコンサルティング会社を経営していますがその販促活動をほとんど行わないことでも知られています。完全なる口コミの紹介制で仕事を受けているのですが、こうした営業スタイルのコンサルタント会社は非常に少ないと言えるのではないでしょうか。

インターネット全盛の時代と言われる現在ではネットを使った販促は企業にとってマストとなります。インターネットでの販促はチラシやマスメディアを用いるよりコスト面では遥かに優れていますし、実際多くの企業がその手法を取り入れています。彼自身もクライアントに対してはネットでの販促を勧めていますが、彼自身はまったくそのような販促活動に手をつけていません。彼いわく、口コミでの集客というのはもっともコストが掛からない方法であると共に、質の高いクライアントが集まってくるということです。一度仕事を受けたクライアントからの紹介ということが多いですから、基本的に池田高雄という人物を最初から信頼したクライアントが訪れてくるということです。これにより、わざわざ信頼関係を築くような手間も省けますし、より結果を残しやすくなるということです。

池田高雄はクライアントの多くに小手先のマーケティングや集客をやめるように教えています。小手先のテクニックで集客できたとしても、それはいずれほころびがくることを彼は知っています。それよりもロングスパンで集客できるシステムを作り上げるべきだというのが彼の考え方で、常に利用者、消費者のことを考えた営業を行っていけば自然と集客の成果は出てくるということです。小手先のテクニックを用いれば集客は簡単ですが、それでは一時的な利益しか生み出しません。それでは意味がありませんから、ロングスパンで利益を上げるシステムを構築することが何より重要だと説いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一般的に、集団の中の個人は複数の役割を持っており、それぞれの役割に期待される事柄は異なります。例えば…
  2. 1.地球温暖化による影響2.地球温暖化の原因1.地球温暖化とは?地球温暖化とは、地球の温度が上昇する…
  3. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
ページ上部へ戻る